トップへ戻る

ハンディタイプのレーダー探査装置バーンオゥルburn-owl バーンオゥルburn-owl

主な用途

バーンオゥルburn-owl
  • コンクリート内部の鉄筋/空洞/ジャンカ
  • 構造物内部のケーブル/異物/埋設管
  • 下水道管渠背面/マンホール壁背面の空洞/緩み
  • 樹木内部の空洞/腐朽
    etc
    “バーンオゥル”は 各種探査に対応します

  バーンオゥルの調査事例はこちら

主な特徴

  • CPUにRISCを装備により高速制御を実現
  • カラーLCD表示機(320*240ドット)を使用でフルグラフィック表示が可能
  • 視認性確保のためON/OFF可能な冷陰極管(CCFL)バックライトを装備
  • 探査データはSDカードに登録、市販品で読み取り可能
  • SDカード採用で多量のデータ蓄積が可能
  • バッテリー内臓で操作性UP

主な機能

測定機能 時間測定/距離測定
フィルタ機能 距離振幅補正表示/表面波処理表示
表示パレット変更機能 測定データの表示色の切替(5種類)
表示深度切替機能 距離(cm)/時間(ns)切替
基準波形設定機能 フィルターデータとして基準データの登録
十字カーソル表示機能 相対距離/深さの距離(時間)表示
節電機能 バックライトOFF機能/輝度調整機能
速度警報機能 探査スピード超過時
特異反射検知機能 ユーザ指定値以上の反射検知でブザー検知
バッテリー監視機能 一定電圧以下でブザーとLED点灯通知
マーキング機能 対象物位置にマークを表示
データ保存/選択機能 SDメモリーカード登録と再生

主な仕様

バーンオゥルburn-owl
探査深度 ~50cm
 (探査深度は土質により変わります)
計測距離 100m
 (フル画面表示 139cm
 : A/Bモード表示画面 104cm)
計測速度 40cm/sec
電  源 内臓バッテリー
リチウムイオン電池パック(DC7.2V)
動作時間 約1時間
動作温度 0~50℃
保存温度 -10~60℃
動作湿度 15~85%RH
記録媒体 SDメモリーカード
寸  法 160(W)*200(H)*100(D)mm